virt-installでvncサーバを立ち上げてCentOSをグラフィカルインストール

やっつけ感ある手順であるが。

cd /data/vm
qemu-img create -f qcow2 server01.img 10G
virt-install -n server01 
-r 1024 
--disk path=/data/vm/server01.img,size=10,format=qcow2 
--virt-type=kvm 
--vcpus=2 
--os-type linux 
--os-variant=rhel6 
--network bridge=br0 
--graphics vnc,password=abc123,port=5910,keymap=us  
--cdrom=/var/tmp/CentOS-6.4-x86_64-minimal.iso

さらに、virsh consoleでコンソールを取れるようにする。

# vi /et/grub.conf

#splashimage=(hd0,0)/boot/grub/splash.xpm.gz  # この行は不要
serial --unit=0 --speed=115200 # 追加
terminal --timeout=5 serial console # 追加
# echo ttyS0 >> /etc/securetty

CentOS6の場合upstart経由で起動時にttyS0を自動起動してあげる必要がある。CentOS6.4最小インストール直後であればttyS0は自動起動してくれていた。以下のとおり確認しただけ。

起動しているか確認

# initctl list |grep serial
serial (ttyS0) start/running, process 5091

設定ファイル

# vi /etc/init/serial.conf

参考: 仮想マシンにシリアルコンソールで接続できるよ