App::FatPacker

perlbrewの中身(perlスクリプト)を拝見すると、fatpackerでパッキングしたんだよという記述があって、なるほど1ファイルで完結してるようだ。

 

App::FatPackerを使うと依存関係を全部まとめて1個のスクリプトにパックしてくれるみたい。どういう時に使い勝手がよいんだろう。perlbrewを例にしてみると、インストールする側からするととても楽チンなのが利点、かな。